歯周病と糖尿病の関係は密接で、病状を相互に悪化させるということは最近の常識です。
歯茎の中で炎症物質を作り上げ、その物質はインシュリンの正常な働きを阻害し、正常な血糖のコントロールを邪魔するのです。
そうすると2型糖尿病は悪化します。

逆に歯周病を好転させる事で糖尿病の症状が改善する事が知られています。
歯周病を併発した糖尿病患者さんに抗菌薬治療を行ったところ、毒素の濃度が低下するだけでなく血糖値も改善したという結果が出ています。
糖尿病は放置する事が出来ない疾患で白内障等の合併症を引き起こします。
糖尿病は恐ろしい生活習慣病ですが、歯周病そのものが糖尿病の合併症とも考えられています。

メタボリックシンドロームにも悪影響を与えます。
歯周病の病巣から放出されるLPS毒素等の複数の物質増加は、その因果関係が完全に解明されているわけではありませんがLPS増加は脂肪物質のインシュリン抵抗値を悪化させ、メタボリックシンドロームの要因になります。
内臓脂肪は血中脂質異常、高血圧、高血糖の原因になるのですがこれらの数値が高くなくとも心筋梗塞リスクを高めます。

メタボリックシンドロームと歯周病との関係は密接です。
ウェストサイズ増加、血清脂質異常、高血圧高血糖がメタボリックシンドロームを引き起こしており、歯周病との相互関係がある事も知られています。
これらの症状のうち1つが当てはまるだけでも歯周病リスクは2倍になり、複数の症状が当てはまるとさらに歯周病リスクは高まります。
肥満は歯周病と深い関係があり、肥満を回避する事が大切です。

反面、歯周病を予防する事がこれらの疾患に罹患するリスクを回避し、また罹患していたとしても悪化を食い止める事が出来るのです。
毎日の食生活に注意する事、そして歯と歯茎のプロである歯科医に半年に一度は受診する事で予防可能な疾患です。
現在口内の状態に自信がない、様々な合併症が怖い、既に生活習慣病に羅漢していてその進行を食い止めたいという人にとっては初期のうちならば治療は十分可能です。

歯の衛生週間等歯の健康を啓発する行事は多く行われています。
内臓脂肪は皮下脂肪と比べて比較的落としやすい脂肪と言われていて、適度な運動と健康な食事で改善できると言われています。
この際全身の健康を考えるならダイエットばかりでなく、様々な機会をきっかけとして歯科を受診して口内の状態を清潔に維持する事も健康管理全般に役立ちます。